記事一覧

外房も意外と近い?( ゚Д゚)

17日、夕方。

外回りついでに、大きな店舗で有名な八王子の魔界(キャ〇ティ〇グ)へ。

いろいろ、店内を見て回った末、尻手ロープ、ヒラメ針、トリプルフック(漢の道具)を手提げカゴに入れ、レジへ。

更にはアミコマセも。

退路を断つジャリメハーフは、さすがに買えず。

女性店員 「〇〇〇〇円になります。ポイントカードはございますか?」

ポイントカードを出そうと財布を開けると、500円割引券が。

私 「これ、使えますか?」

女性店員 「いや、これは・・・」

私 「ぁ、期限が過ぎていたかな?」

女性店員 「いえ・・・ こちらは上〇屋さんの割引券ですので・・・」

私 「・・・・・・・ (;´∀`)」




女性店員さんの苦笑いが素敵でした (*´Д`)





平成29年1月18日(水) 7:30~18:30 川津港 アジ・サヨリ



ジャリメハーフを買わずに退路を断った意味がなかった。

とりあえず、先ずは大原の24時間営業のアタックファイブに行き、ジャリメハーフと、乾電池式ブク(漢の道具)を仕入れ、その後、川津港へ。




本当は、前日の午後から休みを取り、Y君と二人で外房に行こうと話をしていたのだが、Y君は子供の頃に受けたカンチョーの影響でドクターストップ (;´∀`)



察してください



Y君 「シュンさん、ちょっと体調が悪いので、日程をずらして貰っていいですか?」

私 「ぇ~~~~、この寒波で荒れた後の海で爆釣の予定だったのになぁ ( `ー´)ノ」

Y君 「いやいや、2月初旬はどうですか?」

私 「出張が近くなるけど、大丈夫かな? まぁ、仕方がないかぁ・・・」



という、会話をしたすぐ後に、魔界に行ってる私。




今回、1人で行ったことは内緒にしておこう・・・ |д゚)





川津到着は7時半前。

釣り場を見てみると、川津港南側の駐車場すぐのテトラ、ここはサヨリ釣り場なのだが、人があまりいない・・・

サヨリは、まだなのかなぁ・・・



更に、多少追い風とは言え、風が強く、波も高くかなりうねりもある。



川津港2・2017/1/18


川津港・2017/1/18



とりあえず、本日のメニュー(希望)

前菜  朝のうちに、さくっとアジ数匹

お造り  日中はデカサヨリを10本

メイン  アジを泳がせて、ラメヒ40cmオーバー

デザート  クーラーがいっぱいになる前に、小湊港でカマス確保

こんなところでしょうか。




自分のクーラーに、40cmのラメヒが入るのか心配しながら、先ずは、駐車場前から根を挟んで北側のテトラ(アジ釣り場)に入る。




早速、2号竿で、ライトアジカゴ釣り。

でも、波が高く、更にはうねりがあるせいか、6号のウキが波にもまれてアタリが全く取れない状況。

とは言え、何度か、ウキが沈んだまま浮いてこないが、こちらは針が無くなっていたことから、フグの仕業。



前菜がテーブルに運ばれてきません。



とりあえず、先にお造りを頂こうと、サヨリ仕掛けを投入するが、強風のせいで竿先でアタリを取るのは無理。




お造りもテーブルに運ばれてこないまま、11時を迎える。





よし、小湊に転進だ!! ( ゚Д゚)





荷物を片付け、堤防上を歩きながら、駐車場わきのテトラでサヨリを狙っている釣り師(7人程)の様子を見ていると、




デカサヨリ、釣れましたよ!!




とは言え、皆さん、飛ばしウキに当たりウキスタイルで、コマセやイワシミンチを撒いているので、私の浦安釣法はできないし、そもそも、入れる余地はない。




う~~~~~~~~~~ん






悩んだ末、また、元の場所へwwwwwwwwww






とりあえず、コマセを撒くひしゃくは持ってない(小さなスプーンのみ)ので、カゴ浮きにコマセを入れ、近場に投入し、カゴを煽ってコマセを撒く作戦。

あっちは、7人で、こっちは1人でコマセを撒く。

20mも離れてないので、いつかは群れがこっちに回ってくると信じ、いつもの特大から、アタリが取りやすい中サイズにシモリウキも替え、ハリスも1ヒロちょっとと長めにし、針も大きめ6号秋田狐を巻く。

更に、たまたま自宅冷凍庫に入っていて処分を考えていた付けエサ用アミエビをジャリメの代わりに針に刺し、ひたすら打ち込む。




その、努力が報われ、3時過ぎにシモリウキが水中に一気に消し込むアタリが。

しかし、空振り。


う~~~ん、フグとかだったのかなぁ…・


気を取り直して、再び近場に仕掛けを入れ、カゴを軽く煽ってコマセを出し、流す。


すると、再び、シモリウキが沈むアタリと共に、一気に海中に突き刺さる。





デカサヨリ釣れました!!!





慌てて2本目を狙うも、硬いクチバシから針を抜くときに曲がってしまったからか、2本目、3本目が海面から持ち上げる時に針外れで、4本目はハリス切れ・・・・




時合いを逃したくないのと、日が沈みかけているので焦りながらも針を結びなおして投入すると、少し小ぶりのサヨリちゃん。

日が背後の山に隠れ、多少は収まってきたとは言え、まだ波が残る海面の小さな当たりウキが見づらい中、更に2本を追加。

そして、そのあとに何故かアジが釣れたので、ここでサヨリ釣りはストップし、車にヒラメ用竿と仕掛け(漢の道具)を取りに行く。


4号竿でヒラメを狙い、2号竿はライトアジカゴ釣り仕様に変更し、仕掛けを入れたのが暗くなる直前の5時頃?

アジは順調にウキを消し込んでくれ、海中に電気浮きの赤いライトがにじむ。

本当に、これが夜釣りの醍醐味ですよね。

ふと、ヒラメ竿を見ると、グ~~~~~っと、竿先がお辞儀しているので、慌てて、リールをフリーにし、食い込ませ、しばらくしてガツンと合わせるもすっぽ抜け・・・・

回収した仕掛けを見ると、5号のハリスがバッサリと切られている。

同じ顛末をもう一度、そして最後はがっつり根がかりしたような状態で、綱引きしたのちにハリスと重りを付けた捨てハリスが切られ、心が折れました。

アジ3匹は餌付けに使い、2匹だけ持ち帰り。

仕掛けが悪いのか、針外れで落ちちゃうアジが4匹ほどだったでしょうか。

アジ釣りに適しているのは3号竿くらいの硬さの方が良いのかもしれません。




そして、帰宅したのち、朝から何も食べてなかったので、捌いた刺身とサヨリの海鮮ユッケを頂きました。


釣果

サヨリ 4本 30cm~38cm 

アジ 2匹 17cm


釣果・2017/1/18

釣果2・2017/1/18

料理・2017/1/18


自宅から、外房川津まで、行きも帰りも2時間かかりませんでした。

結構近いんですね。



次は、イワシミンチの水コマセ用のでかいバケツとヒシャク、飛ばしウキと当たりウキの外房サヨリ仕様でまた行きたいです。



テトラ上からの釣りに、Y君連れていくのは危ないかなぁ。



また、1人で行きますか |д゚)



関東釣行記アイコン

釣りブログ村
スポンサーサイト

コメント

No title

こんにちは^^

というか、初っ端から笑わせないで~^o^
上〇屋の割引券出した時の店員さんの
苦笑いが頭に浮かびますよ^^;
外房行かれましたねぇ羨ましい。
シュンさんのメニュー、まさに私の理想ですよっ!
サヨリも所変われば釣り方も変わるんですね。
豊浜のテトラ帯で何もわからずやってたら
周りは皆さん、アジ釣ってるの?
ってスタイルでサヨリ釣ってたの思い出しました。
Y君も連れてってあげて下さいよ~
もしかして・・・またミラクルなネタをやらかして
くれるかもしれませんから(笑)

おしながきw

シュンさん こんにちは!
blog面白いw
釣りでなくてもいいからもっと更新してくださいwww

いや、粘りましたねぇ~
あれこれ工夫&考察してのデカサヨリGETお見事です!

じわっと沈む電気ウキや
来たか!!と思わせるw竿のしなり・・・
しかも空いててマイペースでまったりw
貴重な休みの1日としては大満足ですね(^^)



No title

ワンバウさん、こんにちは^^

いやぁ~~、なかなか希望のコースのお品書き通りにはいきませんね・・・

実際、サヨリ釣り前にアジを釣りたかったんですけど、あの波とうねりの時点で早々に諦めモードでしたから^^;;
サヨリもダメダメモードでしたので場所替えを考えましたが、たぶん私の性格では、ひしめき合ってる釣り場には入れないと思いました。

しかし、外房でも浦安釣法が十分に通用すると思っておりましたが、ある程度、ご当地釣りに従った方が釣果は上げられるのかもですね(;´∀`)

Y君にはプシュプシュ吹き込んでおきましたら、見事に食い付きました((´∀`))ケラケラ

明後日辺りに、休みを取って行くかもしれないです。
高所恐怖症じゃないのでテトラの上からでも大丈夫と言っていたので、仕方がなく連れていきます( ゚Д゚)

No title

ひだまりさん、いつもありがとうございます^^

向こうに見えるサヨリ師たちが魚を挙げている状況で、みすみす指をくわえて見ているわけにはいきませんでした。

それでも、魚の寄りは大勢でコマセを撒いた方が良いに決まってますので、仕方がないので、コマセ撒き係として、Y君を連れて行こうかと思ってます。

でも、川津だと、ここ数年では30センチちょっとがせいぜいの大きさでしたが、今回の大型は良く引きましたよ。
あれだけ、海中に竿を持っていくほどの、内房サヨリとはまた違った快感を味わいました。

Y君には「サヨリはわからないけど、夕方にアジは絶対に釣れる」と言った手前、何とか、あの夜釣りのアジの魅力を味わってもらいたいですね。

でも、今の彼の頭の中には、「お魚キラー」を沈めてウツボを取ることでいっぱいみたいですww
ひだまりさんのブログを見て、「自分も食べてみたいっす」って張り切ってますww ((´∀`*))

コメントの投稿

非公開コメント