記事一覧

次男坊と夏の釣り

平成29年7月27日23:30~28日9:30 静浦港 ソウダガツオ・シイラ


いやぁ~~、今年は、春から忙しく、夏の終わりまでなかなか時間が作れませんでしたが、それでも、何度か釣りに行きましたので、今更感満載でお届けいたします|д゚)


先ずは、子供たちが夏休みに入ってしばらくしてから、やっとこさ、夏の釣りに行けたので、ご報告します。



夏休み二週目の7月27日(木)、仕事を早めに終わらせ、帰宅途中にサンマを買い、帰宅後に急いでサンマの切り身を作って、静岡県沼津市に小学6年生の次男坊とゴーー!!



実は、次男坊の夏休みの自由研究として、

「ねぇねぇ、『自分で釣った魚をさばいて料理をし、骨は骨標本に!!』ってのはどう?!!」

と、明らかに、父親の趣味優先のお題目を持ち出しての、釣りです。



で、到着したのが27日の夜の23時半。

次男坊は車内でぐっすりなので、

「太刀魚の骨標本なんてかっこいいだろうなぁ」


ってことで、太刀魚釣りを始めます。


左の遠くで1本ギラリとサーベルが上がるのが見え、一瞬、テンションが上がりましたが、いかんせん、喰いが悪い様子。


ピョコンピョコンと、時折、ウキが沈むアタリはあるものの、どうも太刀魚じゃない様子。


小さめに餌付けして投げ込んでみると、スーーーーーーっとウキが沈み、大した抵抗もなく、小サバ一丁上がり ( ノД`)シクシク…



「ダメだこりゃ・・・」



ってことで、車内で就寝。




翌朝、日の出と共に起き出し、釣り場に戻り、今度はソウダ狙いで仕掛けを投げ込むと、しばらくして、ウキがズボ!!

期待を裏切ることなくマルソウダが釣れます。



というわけで、車に戻り、次男坊を起こして、釣り開始。

そこまで混んではいないものの、仕掛けを投げ込むのは父親の役目。

そして、「ハイ」と竿を渡すと、自分で煽ってコマセを出し、しばらくすると、ウキがズボ!!



「オォオリャァ~~~~~!!」



と、雄たけびを上げながら、必死に巻いてきます。

そして、堤防にゴボウ抜きして一丁上がり。



ソウダ2(2017/7/28)




昨年は、自分で魚を針から外し、魚を絞めてクーラーに入れ、コマセまで詰めて、私は竿を投げる役割だけしていたのですが、今年は


「・・・手が汚れるのが嫌・・・」



と、完璧な大名釣りに徹する次男坊…

息子が小6になってまで、ここまでの接待釣りをしなくちゃいけないとは思わなかったわ・・・・

すっかり、私の3号遠投竿は寝たままです・・・・



しばらく、ソウダの入れ食いを堪能した後、棚が深くても、また、仕掛けの回収時にペンペンが喰うようになり、次男坊も飽きた様子。


ソウダ(2017/7/28)


シイラ(2017/7/28)


で、私も、夏を感じようと、数本のソウダとペンペンを釣って、終了。


結果は、正直覚えていませんが、ソウダは15本くらい?ペンペンは5本くらい?

それぞれ、何本か持ち帰りです。




そして、帰宅後、次男坊が包丁を握り、ソウダをさばいて、ソウダの海鮮ユッケ、ソウダのタタキ(なめろう風)、ペンペンのムニエルを作ってくれました。

ソウダ料理(2017/7/28)

ソウダ料理2(2017/7/28)

ソウダユッケ(2017/7/28)

ソウダタタキ(2017/7/28)

シイラムニエル(2017/7/28)


大変美味しゅうございました。




ちなみに・・・

骨標本は、入れ歯洗浄剤のポリデントなどを使って身を取り除くまでは良かったものの、骨までボロボロになり、終了・・・



というわけで、


「次男坊の自由研究の為に釣りに行ってくるよ!!!」



ってのは、無しの方向となりました・・・・



関東釣行記アイコン

釣りブログ村
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント